直葬・家族葬・一日葬・一般葬のお葬式は《葬儀のえにし》

《葬儀のえにし》は安心の自社スタッフ・自社施行

自社施行


《自社スタッフ・自社施行》でクオリティの高いお葬式を実現します。


《葬儀のえにし》のお葬式は安心の《自社スタッフ・自社施行》です。

昨今の葬儀業界はインターネットの発展と共に他業種からの新規参入などが相次ぎ、葬儀自体のあり方が大きく変わってしまいました。インターネット上には多種多様の葬儀プランの乱立と共に、安さばかりを強調し葬儀条件によっては後から追加料金が発生する不透明なプランが多くなり、また、葬儀施行能力を持たない葬儀社が受注のみを行い、葬儀施行自体は下請け葬儀社に丸投げするというケースが大変増えております。

その様な受注形式の中、下請け葬儀社は受注葬儀社に紹介手数料を支払い葬儀施行を行い、担当する下請け葬儀社によって式典のクオリティの違いが出たり、または下請け葬儀社への詳細の引継ぎが不十分な事がありクレームやトラブルが多く発生しているともお伺い致します。

《葬儀のえにし》ではその様な事が起きないように、大切な方とのお別れのひとときを、弊社スタッフがご葬儀の最初から最後まで心を込めてお手伝いさせて頂きますので、安心して《葬儀のえにし》までご依頼下さい。


葬儀社の種類の把握と比較をして間違いのないご葬儀を。

現在、葬儀社には様々な形式の葬儀社があります。
時代の変化と共に、葬儀業界にも新たな形の葬儀会社が増えて参りました。

大きく分けると、昔ながらの地元集客メインの互助会系葬儀社・地元老舗葬儀社や、葬儀社紹介専門のポータルサイトを運営する第3者機関、インターネットで集客を行い下請け葬儀社が葬儀施行を行う丸投げ葬儀社と、インターネットでの集客は同様ですが完全自社施行の葬儀社の4つに分かれます。

これからお客様が葬儀社へのご葬儀依頼をご検討されるにあたり、各葬儀社の種類や特徴を下記の図にまとめてみました。それぞれの葬儀社の特徴を把握し、葬儀社比較の検討材料の一つにして頂きまして、お客様のご希望に合った葬儀社をお探し下さい。

葬儀社の種類について



現在の葬儀社の種類はおおむね上記の4つに大きく分かれ、実際に葬儀施行を行うのは3つになり、その形態は「互助会・地元葬儀社」と「インターネット集客メインの葬儀社」の2種類に分かれます。

どちらも葬儀を行うことは変わりはありませんが、葬儀を行う式場の選択出来なかったり葬儀費用での大きな違いが出ることがありますので、ご希望の葬儀のイメージをしっかりと検討して依頼をすることが大切です。

互助会系・地元老舗葬儀社
ポータルサイト
丸投げ葬儀社
自社施行葬儀社

 葬儀社を決める前に、必ず事前見積もりを依頼しましょう。

現在の葬儀は、上記の葬儀社の中から一社を選びご葬儀を行うことになりますが、依頼をする前に必ず《事前見積もり》を各葬儀社に依頼しましょう。事前見積もりを確認する事で、その葬儀社の葬儀内容が把握できます。〇〇一式などの表記が多い葬儀社は比較的葬儀費用が高い場合が多いです。

また、葬儀費用には様々な項目があり、その表記の方法も葬儀社で様々です。但し、ご葬儀を行うにあたって必要な項目はどの葬儀社でも同じですので、その項目をしっかりと把握する事でお客様のご要望にあった間違いの無い葬儀社を探すことが可能になります。

次のページでは《葬儀費用項目》と《葬儀総額費用》のご説明をしていますので、ぜひご覧下さい。



一都三県画像
《葬儀のえにし》は東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県どちらにでもお迎えに参ります。

《葬儀のえにし》は東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県のお迎えに迅速に対応致します。お電話を頂ければ、専任オペレーターが詳細をお伺いし、お迎え先に一番近い寝台車庫から最短1時間程でお迎えに参ります

ご依頼でなくてもかまいません。大切な方がお亡くなりになってお困りの際には、《葬儀のえにし》までお気軽にご相談下さい。

その他のご葬儀メニュー

海洋散骨見出し