直葬・家族葬・ご葬儀は葬儀社えにし

最新ニュース

【メディア取材】産経新聞出版 「終活読本 ソナエ」2016年秋号発売です。

メディア掲載
株式会社えにし 施行企画課 大竹隆一です。

夏の暑さのすっかり和らぎ、季節はあっという間に秋に移り変わりました。

今年の夏は台風が多く、大雨の被害にあわれた方々のニュースを見るたびに心痛みます。

また、季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもありますので、

どうぞ皆様、お体はご自愛くださいませ。


さて先日、弊社代表小野が取材を受けました産経新聞出版社「終活読本 ソナエ」2016年秋号が出版となりました。

今回の「ソナエ」のテーマは「葬儀の見積もり」です。

最近では複数の葬儀社から相見積もりを取り、葬儀社を検討するという流れが多くなってます。

弊社でも相見積もりで検討したいというお客様からのお見積りのご依頼が大変増えております。


弊社では、相見積もりを取って頂く事はとても大切な事だと考えております。

ご葬儀費用はけっして安いものではありません。

その中でご家族の皆様が納得いく形のご葬儀を挙げて頂く事が大切です。

また、ご葬儀のお見積書は各社でまったくフォーマットが違うので、とても比較しにくいものになっています。

それだけに、比較検討するのには時間が必要です。

万が一の時ではなく、あらかじめご葬儀と向き合う事で、お客様の希望のご葬儀の形を探すことが可能になります。

えにしでは相見積もりをご依頼のお客様を、24時間365日お待ちしております。

相見積もりでもお気軽にお問合せ下さい。

お客様のご希望に沿ったお見積りを心を込めて作成させて頂きます。


そして今回の取材では、「都市の葬儀社」の1社として記事を載せて頂いております。

ここ数年、弊社ホームページ(HP)へのスマホ・タブレットからのアクセスが大変増えて参りました。

インターネットの普及、スマホ・タブレットの誕生は葬儀社の営業方法を大きく変え、常にその対応に追われているのが現状です。

弊社でも、今年3月にHPページをリニューアルし、スマホ・タブレット対応のサイトに変わりました。

HPを変更して変わったことは、病院などでスマホやタブレットで検索したお客様からの問い合わせが大変増えたことです。

葬儀の事を調べてみようと思い立った時にスマホやタブレットで調べることは、周囲の方に気づかれにくいのでとても便利です。

その様なお客様からのお問い合わせが増え、弊社ではお客様が見てわかりやすいご葬儀資料や大きく見やすいお見積書などを常に作成しております。

また、ご郵送させて頂く際には、葬儀社とわからない封筒で送付させて頂いておりますので安心です。

葬儀の事が気になった時には、お気軽に「葬儀のえにし」までお問い合わせ下さい。


産経新聞出版社「終活読本 ソナエ」2016年秋号には「葬儀の見積もり」のテーマの他にも役立つ様々な記事が掲載されています。

書店でお見かけの際は、ぜひご一読下さい。

産経新聞出版社「終活読本 ソナエ」2016年秋号は書店にて発売中です。


株式会社えにし 施行企画課 大竹隆一


ソナエ2016秋号ソナエ2016秋号掲載記事
【終活読本 ソナエ 2016 秋号】